光フィルターの特長

フィルターに施された特殊コーティングがブルーライトはもちろん、可視光線、静電気をカット!

他にはない特殊な加工をフィルターに施す技術で、圧倒的な使用感の差を実現することが出来ました。

フィルターに施された特殊コーティングが
ブルーライトはもちろん、可視光線、静電気をカット!

ブルーライトって何?

長時間パソコンを使ったデスクワークのあとに感じる眼精疲労「文字がぼやける」「光がギラギラする」といった症状の原因として、最近話題になっているのが「ブルーライト」。
眼精疲労やドライアイといった症状を引き起こすと懸念されています。

ブルーライトとは、可視光線のなかでも波長が短い、380ナノメートルから495ナノメートル前後の青色の光のことで、可視光線の中でも最もエネルギーが高いと言われています。
ブルーライトは様々なモニター(パソコン・テレビ・スマートフォンなど)から発せられており、長時間利用することによって悪影響があるといわれています。
なぜ眼に悪影響があるかというと、ブルーライトは眼の角膜や、水晶体で吸収されることがなく、網膜まで達するからなんです。

全アイテムブルーライト対応だから大丈夫!

弊社のアイテムは、全てブルーライトに対応しており、このフィルターを装着しておけば、
ブルーライトをシャットアウトするメガネをかけなくても大丈夫!
長時間に及ぶ事務処理でも眼精疲労やドライアイからあなたの眼を守ります。

目が疲れる原因の1つとして挙げられる内容に適正視距離が挙げられます。

これは、大型化または性能の向上により高輝度になったモニターと、閲覧距離における問題が原因なのです。
モニターの大型化が進み、モニターがどんどん大きく、どんどん明るくなっているのは、周知の事実です。しかし、モニターが大きくなっても、閲覧する距離は今までと何ら変わりはありません。
高輝度大型モニタからの明るすぎる光が目の疲れやドライアイの原因になると言われています。また、パソコン本体から発生する、静電気、紫外線が健康障害の原因とされています。パソコン病と呼ばれる新しい職業病VDT症候群が問題となっているのです。

皆様が感じられているように、このままの状況を続けると、身体に及ぼす様々な影響を防ぐことはできません。
そこで、同一距離で今までと同じように生活、仕事に取り組んでも身体に及ぼす影響を防ぐことができるそんな技術を開発致しました。この技術は、適正視距離に基づき、光の量を制御するとともに、帯電防止技術など、体へ影響を及ぼすものを大幅に削減する技術です。 特殊な加工をフィルターに施すことにより実現したこのフィルターは、他社にはない技術であり、この技術があることにより、圧倒的な使用感の差を実現することができました。