こんな症状ありませんか?・目が疲れる ・目が刺すように痛い ・目薬の回数が増えた ・肩こりがひどい ・パソコンの前に座るのが苦痛 などなど!

目が疲れる原因として挙げられるのは、大型液晶テレビ・液晶モニターから受ける強烈な可視光線、ブルーライトと言われています。

光の強さはカンデラという単位で表わされ、市販されている24インチの液晶モニターの場合、300カンデラ前後の明るさになります。(目に優しい適度な明るさとは、100~120カンデラといわれます)
この場合、影響のない状態までの操作距離を計算すると約3mになりますが、3m離れた場所からパソコン操作をする訳にはいきません。その結果、目は強い光を受けることになり、様々な障害が出てしまうのです。

大型液晶テレビ・液晶モニターから受ける強烈な可視光線、静電気、紫外線

問題はパソコンとの操作距離

通常操作距離は、30~40cmといわれています。
この距離は高輝度画面で明るくなっても物理的には変えることができません。
その結果、疲れ目などの症状を引き起こすのです。

モニターを見る適正距離

モニターと距離

甘く見てはいけない疲れ目からおこる健康トラブル

疲れ目からおこる健康トラブル

有害要素は強い光だけではありません。紫外線、静電気も、身体に様々な影響を与えます。

静電気による影響

最近、こんなことありませんか?

目が乾きやすい(ドライアイ) 目・顔が痛い
画面がホコリで見にくい 肌荒れが気になる

液晶モニターではバックライトが静電気の源となっています。
モニターの高輝度・大型化が進み、さらに明るいバックライトによってパソコン画面から発生する静電気はより深刻な有害要素となっています。

ホコリの付着

静電気は目に見えない影響を人体に与えています

パソコンモニターに向かう時間が長い人でこんな症状に悩む人はいませんか?
弊社にはいろいろなお悩みの相談が届いています。

目が乾きやすい 顔のあたりがホコリっぽく感じる
肩こりと目の疲れがひどくなる一方で全然治らない
顔面神経痛のような痛みが続いている 顔の湿疹がなかなか治らない

パソコンに向かっていてホコリっぽいと感じたことはありませんか?
顔の周りにホコリがまとわり付くような不快な感じを経験した人は少なくないでしょう。
これはモニターの静電気のせいなのです。
パソコンのモニターが帯びた静電気で私たちの人体も帯電し、たくさんのホコリが集まってきます。
そのホコリが顔や目に付着して以下のような影響を引き起こします。

ドライアイ(目の乾き) 肌荒れ 眼球にキズ 顔面神経痛 目じりのこじわ

紫外線による影響

太陽の紫外線からお肌や目を守る人は増えましたが、パソコンからも紫外線が出ていることをご存知ですか?

紫外線とパソコンの関係

液晶モニターではバックライトが紫外線の源となっています。
モニターの高輝度・大型化が進み、さらに明るいバックライトによってパソコン画面から出る紫外線はより深刻な有害要素となっています。
一般的に、日焼けが皮膚に悪いことはかなり知られるようになりました。シミやしわといったお肌のドラブルの原因となるのを防ぐため、UVケアは今や現代人の常識です。また、紫外線から目を守るためには、屋外に出るときは紫外線カット機能付きのメガネやサングラスや紫外線カットコンタクトレンズ、帽子などを利用することが手軽で効果的な手段として実行されています。

これらの障害を解決できるのは、HIKARIフィルターだけなのです!

私たちの製品をご覧ください!

製品一覧

お気軽にお問合せください フリーダイヤル:0120-46-0188

お問合せフォーム

無料相談フォーム

  • NOTE SAI 彩
  • SUPER DESK 8
  • Looknon-N8
  • TLNW series
  • TAGW/TARW series
  • SHTP-TV
  • ブルーライトカットフィルター
  • シモントル、ワイプリン、キュート・ワン NEW
  • 返却ご不要です!商品サンプルお申し込み
  • 法人のお客様へ!実際にお試し頂ける SUPER DESK 8 限定 無料テスト使用のお申し込みはこちら
  • 弊社製品の特長
  • なぜ目は疲れるの?
  • わずか10秒できれいに取付可能!動画で取付方法をご紹介!
  • News Clipping ニュースクリッピング
  • メーカー別対応表
  • 事例集

ページの先頭へ戻る